新規就農する前に読んでみてください!きっと役に立ちます!「小さい農業で稼ぐコツ」を読みました




 本日は、「小さい農業で稼ぐコツ」を読んだのでレビューしたいと思います。副題は「加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円」です。
CameraZOOM-20161214210726152.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さい農業で稼ぐコツ [ 西田栄喜 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/12/14時点)




 こちらの本は先日ご紹介した結農論 小さな農家が集まって70億の企業ができたとは少し志向が違います。結農論では規模の拡大の術がコツコツと書かれていますが、こちらはあくまで年間1200万円を稼ぐことが目標でそれよりも稼ぎ過ぎたら翌年は働く量を減らすことまでしています。

 1200万円の売り上げで経費などを引いて600万円あれば一家で生活が出来るため上記のような目標金額のようですが、理にはかなってますね。規模の拡大を急ぐがゆえに失敗したなんて話はよく聞きますから、欲望を抑えることも大事だと思います。

 さて著者の経歴をみると、バーテンダー⇒ホテルマン⇒農家とのことで、いわゆる脱サラ農家ということです。脱サラして農家になった方を何人か見て来てますが、残念ながら、みんながみんな成功していません。そんなに甘いものではないんですね。
 
 なぜ失敗するのか?新規就農者だと手厚い補助金や借入が出来ます。しかしこれが失敗の原因なのです。著者は最初に大きな借金や補助金には頼らなかったそうです。もともと、ホテルの支配人だったそうで、経営センスを叩き込まれていたみたいです。つまり最初っからしっかりと農業を経営としてとらえていたんですね。実はこれ先日紹介した結農論 小さな農家が集まって70億の企業ができたでも述べられていました。志向は違っても経営としてしっかりとらえていたことが成功の共通点になっています。

 またこの本のいいところは、かなり具体的に方法論が書かれていることです。例えば「白菜・キャベツ・レタスの密植栽培」の仕方も植え付けの寸法まで書かれていますし、加工販売してるよもぎ団子のレシピなんかも書かれています。だから、別に業として農業をしていない家庭菜園の方でもこの本はすごく参考になると思います。年間の作業一覧も詳しく書かれていますので、これを参考にすれば教科書として使えると思います。

 しかしなぜたったの3反で1200万円もの売り上げがあるのかというと、加工販売も手掛けているからのようです。だいたい産直に出す人は生野菜が多いかと思いますが、やはり加工すると販売時期をずらせたり、商品にならない野菜も付加価値を付けることが出来ますので必須となると思います。さらにこの本が素晴らしいのは、加工する際には必要な資格がいるのですが、その資格についてもしっかりまとめてあることです。

 もちろん売り方についてもかなりのページを割いて書いてあります。ここは肝となりますので、ぜひ一読下さい。もちろんHPもあります。
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
ここまで読んでいただいてありがとうございます。 よければ下記ランキングに参加してますので、 のぞいてみてください。

 

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村

タグクラウド